ムダ毛処理後の黒いポツポツの正体!埋没毛とは?

普段、カミソリでムダ毛処理をしているという人も少なくないのではないでしょうか。また、そうした人のなかに、ムダ毛処理後の埋没毛に悩んでいるという人はいませんか。埋没毛とは、ムダ毛処理の後に生えてくる毛が、スムーズに毛穴から頭を出せず、皮膚の下に留まってしまう状態のことを言います。埋没毛は、時間をかけながら、自然と皮膚の表面に出てくることもありますが、うまく出られずに、皮膚の下でとぐろを巻いたような状態になってしまうこともあるのです。埋没毛は、そのままにしていても健康上の問題はあまりありませんが、毛嚢炎や黒ずみなどといった色素沈着の原因になることもあります。また、脚や腕、脇の下など、黒いポツポツが見えていると、せっかくのムダ毛処理も台無しになってしまうと感じる人も多いのです。

脱毛で埋没毛が防げる理由

埋没毛が発生してしまう理由に、肌の乾燥といった肌のコンディションの悪さが挙げられます。カミソリでムダ毛を処理する場合や、毛抜きでムダ毛を引き抜くといったムダ毛処理の方法だと、肌の表面まで傷つけてしまうことも少なくありません。肌が荒れてしまうことが原因で、ムダ毛処理後に皮膚の表面の毛穴が塞がってしまい、次に生えてくる毛が肌の表面に出られず、埋没毛になってしまうのです。一方、家庭用脱毛器や脱毛サロンといった専門店で脱毛を行うことで、あまり肌のコンディションを崩すことなく、ムダ毛処理をすることができます。肌への負担が比較的少ないムダ毛処理の方法だからこそ、脱毛なら埋没毛が発生する確率を低くすることができると言えるのです。ただ、脱毛手段を問わず、日常的にムダ毛処理後の肌の保湿をすることは肌トラブルを防ぐために大切です。

上野の脱毛業界は多様な施術方法があることです。特殊な光を使ったりレーザーを使ったり薬剤を使ったりなどがあります。