育毛と発毛の違いを把握しておこう

すでに生えている髪を強く生まれ変わらせることを育毛と呼びます。発毛の場合はほとんど髪がない部位に、再生させるという意味合いが強くなります。両者は同義とされることがありますが、一般的には育毛サロンで行われるケアが育毛で、医療機関で行われる施術が発毛になります。育毛は予防対策を主な目的にしているため、薄毛の症状に関係なく受けることが可能です。完全にフサフサで年齢相応のボリュームがあっても、育毛サロンのケアは受けられます。今はまだ薄くなくても、将来的に薄くなるリスクは皆無ではないからです。若いころから育毛サロンでケアを受けておけば、年を重ねても十分なボリュームを維持できるでしょう。育毛サロンは髪を育てるだけでなく、守るという役目もあるのです。

施術の基本的な流れとは

育毛サロンの施術の流れはサロンによって異なりますが、基本的な部分は大差ありません。まずはカウンセリングで悩みを詳しく聞かれますので、抜け毛や頭皮の状態を伝えてください。それからヘアチェックを受けて頭皮・髪の状態を調べ、脱毛原因に応じた施術が行われるのです。ほとんどのサロンは施術の最初に洗髪を行い、頭皮をすっきりクリーニングしていきます。セルフケアでの洗髪との違いは、一度の洗髪で毛穴の内部まで綺麗にできることです。洗髪が終了したらドライヤーで髪を大まかに乾燥させ、育毛剤を塗布してから頭皮マッサージが始まります。サロンによっては専用のマッサージ器具、フットバスなどを活用したケアも行われます。

育毛サロンは頭皮の美容エステとも呼ばれ、専門スタッフが育毛を目的とした施術を行います。施術内容は頭皮の洗浄で毛根の汚れを取ったりマッサージで頭皮の血行を促進したりと頭皮環境の改善を目的としたものです。