女性にも起こるagaについて

agaは男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛の一種です。中高年層の男性に多く見られる薄毛で、額や頭頂部から徐々に髪の毛が減少する特徴があります。agaになる原因は男性ホルモンの増加とされていますが、これは男性ホルモンには髪の毛の脱毛を促す作用があるためです。加齢によってホルモンバランスが変化し、男性ホルモンの分泌量が多くなると次第に薄毛の状態になります。男性ホルモンは女性の体にも存在するので、女性がagaによる薄毛に見舞われるのは決して珍しいことではありません。

agaへの対処は医療機関での治療が最適

髪の毛の量が減少する薄毛の原因は様々ですが、agaの場合は体内で分泌される男性ホルモンの増加なので状態を改善させるには医療的な処置以外に効果的な方法は存在しないと言えるでしょう。頭皮の汚れやストレスなど、一般的な薄毛の原因とされるトラブルとは異なるので市販の育毛剤はほぼ効果がありません。むしろ、意味の無い処置によって頭皮や毛穴を傷めてしまい、却って薄毛を促進させるおそれもあります。髪の毛が少なくなったと感じたらまずは医療機関で検査を受け、agaであるかどうかを確認するのが今後の方向性を決めるための条件です。

処方された薬を正しく使用することが大切

医療機関で処方されるaga治療薬は患者本人の体質や薄毛の状態に合わせている物なので、必ず本人だけが用法や用量を厳守して使用します。同じagaだからと言って他の人に譲渡してはいけません。ひと口にagaと言っても人によってホルモンバランスの状態はそれぞれ異なるので、他人の処方薬を使うのは非常に危険と言えます。特に異なる性別の人に処方された薬は絶対に使ってはいけません。

頭髪の悩みの原因は遺伝性だけでなく、環境によるものも影響しています。それらの原因別に、agaを横浜で治療することができます。