血液クレンジングとは

血液クレンジングとは、血液から不要なものを取り除き、血液をきれいにして健康的な体を目指す治療方法のひとつです。血液クレンジングでは、およそ100ミリリットルから150ミリリットルほどの血液を取り出し、その取り出した血液に医療用のオゾンを投与して反応させます。医療用のオゾンを投与すると、血液は暗い黒色から鮮やかな赤へと変化し、活性化します。活性化した血液を再度体内に戻し、様々な健康効果をはかるというものです。オゾンを活用して行うことからオゾン療法とも呼ばれています。血液がきれいになることから、血行が促進されて何となくの体の不調から冷え性、むくみ、アレルギーなどが改善するとされています。また、代謝がアップしてダイエットにも効果的なほか、全体的な若返り効果もあるようです。

血液クレンジングの誕生

血液クレンジングは、現代日本では美容効果を期待して行う人が多いですが、最初は難病の治療のために編み出された治療方法でした。血液クレンジングが誕生したのはヨーロッパであり、1957年にはすでに誕生していました。老化の予防をはじめとして、動脈硬化の予防、がんの治療にまで応用されていました。血液クレンジングを専門に行う病院もあり、心臓疾患などの一部の治療に対しては保険が適用されるほど、一般的な治療法となっています。1975年のヨーロッパでは難病治療にも使用されており、多くの研究者が研究している状態です。

世界で広がる血液クレンジング

血液クレンジングは、ヨーロッパだけではなくオーストラリアやロシア、マレーシアなど世界中に普及するようになりました。日本でも21世紀に入り導入され、2017年の段階では25万件以上の症例があります。世界中で広まり、その効果を実感している人は多いです。

血液クレンジングは、施術の回数や担当者の腕前にもよりますが、免疫機能の向上や体調不良の緩和などの効果を期待できることもあります。