遺伝や生活習慣の乱れはagaの進行と大きな関わりがある

中高年男性に多いとされるagaは、遺伝や生活習慣の乱れなどと密接な関係があり、早期の対策を怠ることで薄毛や頭皮の荒れといった症状がすぐに進行してしまうケースも少なくありません。たとえば、遺伝的な理由で男性ホルモンの分泌量が増加しやすい体質の人は、20代や30代の頃から徐々に頭頂部の薄毛が目立ったり、生え際が後退してきたりすることもあります。そこで、抜け毛の増加に気付いた段階で市販の育毛剤を試したり、男性向けの美容クリニックに通ったりとすぐにケアを始めることが重要です。また、仕事や家事のために思うように睡眠がとれなかったり、食事の栄養バランスが偏ったりすることも、agaが進行するリスクとなり得るため、可能な限り規則正しい生活習慣を心がけることが大事です。

頭皮に負担が掛からない薄毛対策の方法を選択しよう

agaの症状には個人差がありますが、頭皮の痒みやフケなどが気になる時には、なるべく頭皮に負担が掛からないケアの方法を選択することがポイントです。抜け毛や髪質の変化などの症状が軽い人については、市販の薬用シャンプーや育毛剤などを使うだけでもある程度の効果を期待できることがあるため、空いた時間を利用してドラッグストアを訪れたり、通販で売れ行きの良い商品をチェックしたりするのがおすすめです。一方で、炎症を繰り返して頭皮が固くなったり、出血しやすくなったりしている場合には、自宅で対処しきれないこともあり、agaの症状の進行を食い止めるため、専門の医師に判断をゆだねることが大切です。

男性でも女性でも、agaを京都で治療することができます。いくつかのプランの中から、自分に合ったものを選べます。