引き続き義歯をかぶせる必要がある

歯の根管治療を行った場合、それですべてが完了というわけではありません。引き続き、義歯をかぶせる治療が待っています。義歯をかぶせるのであればわざわざ根管治療などしなくても、そのまま虫歯の部分をけずってからかぶせてしまえばいいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、あえて根管治療を行うのにはちゃんと意味があるのです。

まず、義歯をかぶせるほどの虫歯の場合、歯の神経まで達している可能性が高いです。虫歯を削っても既に歯の根元に虫歯菌が入ってしまっているので、その状態で義歯をかぶせてしまうと痛みが再発したときに義歯を外して治療しなければなりません。そうした手間がかからないよう、根管治療をするのです。

義歯をかぶせる前に歯を大きく削る

また、義歯をかぶせる場合は虫歯の部分だけ削るだけでは済まず、歯が一回りも二回りも小さくなるほどに削らなければなりません。もし、根管治療を行わず、神経を抜かないでそれをやろうとすると、歯を削るたびに麻酔をかけなければなりません。これは大変です。神経を抜いてから大きく歯を削る作業を行えば麻酔を使わなくて済むので、医者にも患者にも負担がかからなくなります。

根管治療後に歯医者へ行くのをやめてしまうと

では、もし根管治療を行ったあと、歯医者に行くのをやめて義歯をかぶせる治療を放棄したらどうなるのでしょうか。この場合、歯がもろくなって大きく欠けてしまう可能性があります。神経を抜いているので欠けても痛みはないはずですが、いずれ歯が根元から割れて全部なくなってしまうことも考えられ、こうなってからだと義歯をかぶせるのは難しいです。したがって、義歯をかぶせるまできちんと歯医者に通うようにしましょう。

根管治療は、歯の神経の治療のことです。痛みを感じないように配慮してくれる歯医者は、歯茎に塗る麻酔をしてから、細い針で麻酔をかけてくれます。