agaで薄毛が起きる原因について

agaの原因の一つとなっているのが男性ホルモンです。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5αリダクターゼ呼ばれる酵素と結びつくとDHTという強力な男性ホルモンへと変化します。このDHTが毛乳頭にあるレセプターと結合し、脱毛因子が生成されることによって、agaは発症するのです。また、5αリダクターゼの生成量やレセプターとの結合しやすさは体質によって異なっており、遺伝とも深い関係があるとされています。しかし、agaの原因は先天的なものだけでなく、生活習慣の乱れといった後天的な要素もあります。運動不足や睡眠不足、食生活の偏りは自律神経の乱れにつながり、ヘアサイクルに悪影響を与えてしまうのです。

aga対策のために意識したいポイント

agaの対策としては、生活習慣を見直すことが挙げられます。特にバランスの良い食生活を心がけるのが大切です。体を構成する成分であるタンパク質はしっかり取るようにしましょう。不足すると髪の毛までタンパク質が十分に届かなくなってしまいます。ビタミン類には血流を促進させる働きがあり、頭皮に栄養を届けさせるためにも大切な栄養素です。他にも、亜鉛を始めとしたミネラルも身体を作るのに必要な栄養素であり、aga対策につながるとされています。十分な睡眠もaga対策には欠かせません。少なくとも毎日6時間以上の睡眠を取るようにしましょう。深い眠りを取ることを意識するのもポイントです。髪の成長に関わる成長ホルモンは深く眠っている時に分泌されるとされており、眠る前にはリラックスできる環境を作り、眠りの妨げになるスマホの使用は避けるようにしましょう。

agaを新宿で治療するメリットは、夜まで診療受付をしているクリニックが多いことです。これなら仕事を休まずに、仕事帰りに立ち寄って治療を受けることも可能です。